嚥下食で満足できる食事タイム【無理しすぎないように注意】

初めて作るときの注意

男性

無理しすぎに注意

嚥下食とは、嚥下機能に障害がある人のために作られた食事のことです。高齢社会の進んだ日本では、より重要性が高まってきています。嚥下食は飲み込みやすいように、固形を小さくしたり、ミキサーにかけてからとろみをつけたりしているという特徴があります。嚥下する機能の衰え具合は人それぞれなので、その状態に応じた加工を行わねばなりません。加工を進めすぎると食事をした満足感が薄れてしまいますし、加工が不足していると誤飲してしまったりむせてしまったりするおそれがあります。嚥下食は自宅でも作ることができます。慣れ親しんだ味をそのまま嚥下食にしてあげた方が食べる人の満足感は高くなるので自宅で作るのもおすすめです。まずはどの程度の加工がふさわしいのかを専門家に尋ねてみるとよいでしょう。適切な加工方法と注意点についても事前にアドバイスを受けておくと安心です。またたくさんの食事を嚥下食にしてあげるのはもちろん素晴らしいことですが、食事は毎日のことなので頑張りすぎにも注意が必要です。市販の嚥下食や、とろみづけをサポートしてくれる製品などを上手に使い、無理しすぎないように注意しましょう。無理しすぎると結果的に長続きせず、お互いにつらい思いをすることになりかねません。そうならないためにも使えるものは上手に使うようにしましょう。普段の食事からとりわけるようにするのもおすすめです。誤飲しやすい食品なども知っておくとよいでしょう。

ご飯

食事管理について

腎臓病食の宅配を行う事で、毎日の献立を考える必要がなくなり、精神的にも楽になります。さらにプロの栄養士がしっかりと計算し、一日に必要なカロリーなどを摂取できる様な献立を考えてく、味も食べ応えのある物が提供されます。

和食

糖尿病は食事療法で解決

血糖値を上手にコントロールするには食生活のバランスが大切であり、そのために役立つのが糖尿病食の宅配サービスです。カロリーと糖質を制限しながら満足感のある食事を提供してくれます。糖尿病食は飽きずに続けることが大切なので、複数社のサービスを併用するのもおすすめです。

食事

美味しく安全な食生活を

嚥下食は、摂食や嚥下が困難な高齢者たちにとって大切な食事です。口から食べるという行為は大切なことなので、誤嚥に注意しながら嚥下食を楽しめるように提供しましょう。嚥下食は食欲低下や低栄養につながりやすいので、味や調理方法などにバリエーションを持たせ食べることを楽しめるように介助していきましょう。

ご飯

一定の栄養素を減らす

腎臓の病気になったとき、家庭の食事では腎臓病食が必要になります。自分で作るのが難しい時は宅配サービスを利用できます。たんぱく質や塩分は腎臓に負担をかけるため、量が少なくなっています。その上で一定のカロリーになるよう調整されています。

食事

ラクラク便利なお食事

糖尿病食を自分で準備するのは大変です。しかし、専門業者さんに依頼することで血糖コントロールや栄養バランスを意識した食事を手軽にとることができます。また、宅配サービスで玄関先まで運んでもらえるため、体が不自由な方や外出が困難な方にとって便利なサービスとなっています。

Copyright© 2018 嚥下食で満足できる食事タイム【無理しすぎないように注意】 All Rights Reserved.